So-net無料ブログ作成
検索選択

桜玉吉とつげ義春を比較すると?(其の肆) [桜玉吉とつげ義春]

ダ・ヴィンチ電子ナビで、「『週刊文春』連載開始でまさかの大ブレイクの予感!伝説のマンガ家・桜玉吉とは何者なのか?」ともてはやされていたので、元祖伝説のマンガ家・つげ義春と比較してみたいと思う。
以降の記述は『桜玉吉のかたち』、『つげ義春とぼく』、Wikipediaを参考にしました。

■ベテラン漫画家として
◇桜玉吉
1997年、36歳で鬱病を発症してから休筆、復帰を繰り返す。2007年、46歳で重篤となり、ホームベース的な月刊コミックビームでの連載を休止し、長期休筆に入る。仕事は週刊ファミ通で4コマ漫画『読もう!コミックビーム』、週刊アスキーで4コマ漫画『ゲイツちゃん』の執筆。2002年年末に購入した伊豆別荘のローン、調布の自宅維持、仕事場の家賃、(場合によっては娘の養育費)、当座の生活費を捻出するためにヤフオクなどで、金銭を得る。漫画家としての本格復帰は絶望的かに思われたが、2011年の東北大震災と前後して漫画喫茶で執筆を再開し、コミックビームに読切り作品を断続的に掲載。2013年11月、52歳でそれまでの読切り作品を収録した新刊『漫喫漫玉日記 深夜便』が刊行され、つづけて『漫喫漫玉日記 4コマ便』が発売される。4年ぶりの新刊でもあり、桜玉吉の根強いコアなファンに支持され、予想以上に売れる。
◇つげ義春
1987年、50歳でノイローゼが慢性化し、漫画家としては無期限休筆状態に入る。1990年以降、『無能の人』、『ねじ式』などが映画化され、それに伴い書店に再刊本、全集、文庫本が並ぶ。
【まとめ】
桜玉吉は読切り作品とはいえ、52歳で漫画家復帰。つげ義春は50歳で、無期限休筆。とはいえ、つげ義春も彼のファンである映画監督や俳優により、作品が映画化され、つげを知らない世代に再認識され、本が売れるという流れはあった。私自身も90年代に大手書店のつげ義春コーナーで、初めて彼の本を買った世代である。

■現在
◇桜玉吉
2014年3月で53歳になる。一時期の鬱病は完全とはいわないまでも、快方に向かっているのは確かで、連載の有無はともかく、月刊コミックビームで読切りが続くと思われる。又、2013年『週刊文春』9月5日号から、『日々我人間』の連載が開始された。個人的には玉吉の再認識、新規ファン層の開拓を願うばかりだ。
◇つげ義春
2014年4月で77歳になる。1999年の妻との死別、本人の身体的な衰えもあり、漫画家としての復帰はないだろう。だが、『芸術新潮』2014年1月号で、特集が組まれるなど、まだ彼に対する関心は高い。また、偶然とはいえ、桜玉吉と同じく調布市民でもあり、たまに桜玉吉が目撃談を4コマ漫画で報告しているのが微笑ましい。
【まとめ】
個人的には、桜玉吉とつげ義春が対談してくれたら面白そうだなーって思ってます。つげ先生はお元気で、玉吉には1年でも長く漫画家を続けてほしいと願ってます。漫画を描かないと貧乏になって、精神的に不安定になるっていうのは、別に漫画家に限った話じゃなくて、サラリーマンにそのまま当てはまる話だよなーってつくづく実感します。

以上

芸術新潮 2014年 01月号 [雑誌]

芸術新潮 2014年 01月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2013/12/25
  • メディア: 雑誌



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。