So-net無料ブログ作成
検索選択
作中の登場人物 ブログトップ

桜玉吉の関係者近況まとめ 2016/01/11 [作中の登場人物]

2016年1月11日現在の桜玉吉関係者の近況をまとめてみた。
特にネタもないしね(>_<、

■桜玉吉(野澤朗)
今年3月で55歳。週刊ファミ通で『読もう!コミックビーム』、週刊文春で『日々我人間』を連載中。月刊コミックビームで読切りをちびちび執筆。長らく、ネットカフェで生活していたが、生活の場を伊豆の別荘に移した。2015年8月には、イラストがLINEスタンプ化。同年9月、新宿ロフトプラスワンで開催された『秋のコミックビーム・ナイト』内で、『ラブラブROUTE21』の再上映、伊豆別荘を玉吉がマスク姿で案内する映像が上映された。近刊は同年11月発売、『桜玉吉絶叫四コマ作品集 さらばゲイツちゃん』。

■姉(真野匡)
今年で推定58歳。例年、漫画家ユニット『まのとのま』の一員として、コンスタントにコミックを刊行していた。しかし、2014年5月を最後に新刊が出ていない。

■O村(奥村勝彦)
今年で推定55歳。現コミックビーム編集総長。2015年がコミックビーム創刊20周年ということもあり、5月に阿佐ヶ谷ロフトの『コミックビーム・ナイト』、9月には新宿ロフトプラスワンで『秋のコミックビーム・ナイト』に登壇。後者では、玉吉の伊豆別荘を訪ねる映像が上映された。

■ヒロポン(広瀬栄一)
今年で推定49歳。エンターブレイン退社後、子育てに奮闘中。

■オーバ君(大場渉)
今年で42歳。コミックビーム姉妹誌『ハルタ』の編集長。2015年5月、フィルムアート社主催のトークイベントに参加。

■ちょりそのぶ(牧野伸康)
今年で推定55歳。プロとしてフィギュア、オブジェを制作し、『イラストモデラー』を自称。2015年3月に父親が逝去。同年10月には横浜赤レンガ倉庫で開催された『ダンボー展』にオブジェを出展した。

■みげー君(肉柱ミゲル)
今年で推定42歳。コミックビーム誌上で『100万円!ベガスくん』以来、13年の沈黙を破って、2015年5月号に読切りを発表。以後、ちびちび読切りを執筆中。

■サイバー佐藤(佐藤英人)
今年で推定55歳。週刊アスキーのアートディレクター。週刊アスキーのアートディレクション担当として毎号、『佐藤英人』の名がみえる。週刊アスキー自体は2015年5月をもって、紙媒体を休刊。デジタル完全移行。

■竹熊健太郎
今年で推定56歳。無料Web漫画雑誌『電脳マヴォ』編集長。自身は『編集家』を自称。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

桜玉吉の関係者近況まとめ 2014/08/12 [作中の登場人物]

2014年8月12日現在の桜玉吉関係者の近況をまとめてみた。
特にネタもないしね(>_<、

■桜玉吉
今年3月で53歳。週刊アスキーで『ゲイツちゃん』、週刊ファミ通で『読もう!コミックビーム』、週刊文春で『日々我人間』を連載中。月刊コミックビームでは2014年1月号を最後に作品を発表していない。昨冬に父が他界。ネットカフェに在住し、『日々我人間』の主なネタになっている。昨年から往年の作品が続々と電子書籍化。今年5月には『しあわせのかたち』内マンガ『ラブラブROUTE21』が映画化された。

■娘
今年3月で21歳。中学時代までは玉吉作品に登場していたが、玉吉の休筆、かつ本人が年頃との配慮もあってか、作中から姿を消した。

■元妻
推定56歳。玉吉と離婚後、バツイチの医者との見合い話があったが、『御緩漫玉日記』終了後の動静は不明。

■姉
推定56歳。イラストレーター真野匡として、コンスタントにコミックを刊行している。近刊は『東京無敵のビールめぐり』である。玉吉作品に散発的に登場するが、比較的近所に住んでいる様で、兄弟仲も良いようだ。

■O村
推定53歳。現コミックビーム編集総長。編集長の座は岩井に譲った。肩書に似合わず、玉吉の担当をしている。

■ヒロポン
推定47歳。エンターブレイン退社後、結婚を経て一児の父となる。

■オーバ君
推定40歳。コミックビーム姉妹誌『ハルタ』の編集長。

■ちょりそのぶ
推定53歳。玉吉休筆後は、プロとしてフィギュア、オブジェを制作し、『イラストモデラー』を自称。

■みげー君
推定40歳。コミックビーム誌上で『100万円!ベガスくん』を連載後、2002年にコミック化。現在、雑誌『GetNavi』のゲーム紹介ページでマンガを連載中とのこと。

■サイバー佐藤
推定53歳。週刊アスキーのアートディレクター。週刊アスキーのアートディレクション担当として毎号、『佐藤英人』の名がみえる。桜玉吉、ちょりそのぶ、竹熊健太郎と比べ週刊アスキー一筋の人生である。

■竹熊健太郎
推定54歳。無料Web漫画雑誌『電脳マヴォ』編集長。自身は『編集家』を自称。

■ぺそみちゃん
推定37歳。2003年に玉吉との同居を解消し、介護の仕事に専念。以降の消息は不明だが、玉吉ファンの彼女に対する関心は現在も高いようだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

亀吉さん [作中の登場人物]

kame.png
玉吉の元アシスタント。
後の漫画家・武井 宏之。
「しあわせのかたち」のみに登場する。
「御緩漫玉日記」冒頭に登場する遅筆なT君と同一人物か?

作中では、旧ドイツ軍のヘルメット様の被り物をしている。
「しあわせのかたち」終盤に登場し、その後の玉吉作品には未登場のため、
短期間のアシスタントだったと思われる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ナッキー [作中の登場人物]

naki.png
玉吉の元アシスタント。
「しあわせのかたち」のみに登場する。
名前の由来は本名が『なか○○』だから。
作中に登場する際は、頭にZガンダムの様な飾りがある。
別名「ゼータチョリソ」である。
玉吉作品に共通した流れだが、当初は男性キャラだったものが、
後に女性キャラに変更された。
アシスタントになる以前、ソフトハウスに勤めていた。

玉吉と知り合ったのは、通院先の整体治療院の患者同士だったため。
数日間、玉吉の仕事場に姿を現さず、心配させたこともあったが、程なくして復帰した。

アシスタントを卒業後は、ソフトハウスでゲーム作りをしていた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

白鳥さん [作中の登場人物]

shiratori.png
「御緩漫玉日記」のみに登場する。
玉吉が「脳内彼女」という割には、玉吉が盲腸で入院した際に世話をしたり
○○○社の白鳥さんとちょりそのぶに紹介したりと、具体的な描写がある。

玉吉が仕事で忙殺されている際に別れたが、
その後、彼女からの復縁話は断った。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

牛田トク子 [作中の登場人物]

tokuko.png
玉吉の元アシスタント。
『御緩漫玉日記』のみに登場する。
先輩アシスタントT君の後任として、ヒロポンが連れてきた。
マンガ家を目指し、マンガ専門学校にも通っていた。
玉吉のアシスタント歴は『しあわせのかたち』終盤、
又は『防衛漫玉日記』連載開始時から。
後に後任のみげー君と入替りで辞めたと推測される。
『御緩漫玉日記』内では、過去の思い出として描かれていたため
今作品の終了に伴い、彼女も玉吉作品から姿を消した。

『桜玉吉のかたち』の対談コーナーで、玉吉から「前に来ていた学生で
アシスタントやってくれた女の子も広瀬さんだったし。」なるくだりがある。
従って牛田さんの本姓は広瀬かも?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

桜玉吉の相関図 [作中の登場人物]

年末で、ちょー暇だったので桜玉吉の相関図を作ってみた。
今更感満載(^^;?
soukanzu02.png
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

玉吉の姉 [作中の登場人物]

ane.png
玉吉の唯一の兄弟。フリーのイラストレーターで、ペンネームは真野 匡(まの きょう)。
玉吉にとっては都立芸術高校、かつ多摩美術大学の先輩でもある。
大学を中退した玉吉とは対照的に、ちゃんと卒業している。
玉吉作品に散発的に登場する。

ユニット『まのとのま』の一員として、国内外の旅行ガイドブックを旺盛に執筆している。
ちなみに真野 匡と乃間 修とのユニットなので、真野と乃間だから、まのとのま。

開運!! 沖縄パワスポ散歩

開運!! 沖縄パワスポ散歩

  • 作者: まのとのま
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2011/04/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

田中パンチ [作中の登場人物]

panchi.png
「しあわせのかたち」初代編集担当。
玉吉に今作品を描かせたいわば漫画家にさせた恩人(?)でもある。
金田一に担当を引き継いでから暫くしてアスキーを離れた。
この経緯は「桜玉吉のかたち」に詳しい。
玉吉の作品では「マリオの大冒険」の宣伝に顔を出していた。
本名が「教訓」などで知られるフォークシンガー加川良と同姓同名だったため、
ペンネームである田中パンチにしたとのこと。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

浜田マツ [作中の登場人物]

matu.png
仮名だとしたらリアルなネーミングではある。推定1925年生まれ。
玉吉が借りていた駐車場のオーナー。駐車場の値上げネタには欠かせない人物で未亡人。
一緒に寺参りに行ったり「実はけっこう良いお婆さん」と玉吉が語っているように、
決して二人の間柄は悪くなかったようだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

オーバ君 [作中の登場人物]

oba.png
本名:大場 渉。推定1974年生まれ。ビーム姉妹誌『ハルタ』の編集長。元桜玉吉の担当編集者で、ヒロポンの後輩。渋谷生まれの渋谷育ち。

玉吉作品に登場当初はヒロポンの陰に隠れた地味な存在であったが、後に玉吉担当の担当編集者に出世。『漫玉』シリーズ作品内では、頭のオブジェがトレードマーク。玉屋社内報のコラムから察するに仏像好きか。玉吉と電話で通話中、事故に出くわすというジンクスを持つ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

みげー君 [作中の登場人物]

mige.png
推定1974年生まれ。漫画家としての名は肉柱ミゲル。玉吉の元アシスタント。過去に月刊コミックビーム誌上にて『100万円! ベガスくん』を連載。

100万円!ベガスくん (1) (ビームコミックス)

100万円!ベガスくん (1) (ビームコミックス)

  • 作者: 肉柱 ミゲル
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2002/10
  • メディア: コミック




おじいちゃん、水素水でミドリガメ洗うのやめて。 (ビームコミックス)

おじいちゃん、水素水でミドリガメ洗うのやめて。 (ビームコミックス)

  • 作者: 肉柱 ミゲル
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/10/24
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

フキおばさん [作中の登場人物]

fuki.png
「幽玄漫玉日記」第6巻に登場した玉吉の父方の伯母。推定1912年生まれ。
温和な性格で玉吉から尊敬の念を抱かれている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

玉吉の父 [作中の登場人物]

titi.png
1926年生まれ。「のんきな父さん」のモデル。
早大英文科卒。予課練へ通った経験があり、定年まで都庁へ務め、趣味はテニス。
妻は推定1931年生まれの元教師。夫婦揃って栃木県出身。

玉吉は35歳の時の息子。
玉吉の姉にあたる娘が一人いる。
「玉吉のかたち」出版を記念してまんがの森、渋谷店で開催されたサイン会に顔を出していた。
伊豆別荘購入時の保証人でもある。

2014年1月他界。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

金田一 [作中の登場人物]

kinchan.png
本名:金田 一健。通称がきんでんいち。
推定1963年生まれ。山羊座のAB型。身長170cm。
「しあわせのかたち」2代目(初代は田中パンチ)、および「防衛漫玉日記」編集担当。
編集をO村にバトンタッチした頃にアスキーを離れ、現在はメディアファクトリー勤務。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ちょりそのぶ [作中の登場人物]

choriso.png
本名:牧野 伸康。玉吉とサイバー佐藤とは高校時代の3年間、
同じクラスで過した仲であり、親友。
武蔵野美術短期大学卒業。

ファミ通創刊当初から玉吉のアシスタント。
既婚で夫婦揃ってプロのモデラー。
1998年にグッズショップ「アソビニ」で販売されたピキーニャの人形もちょりそ作である。
玉吉の作中では頭のキノコがトレードマーク。
麻雀やTVゲームに強い。

車から顔を出していて顔面神経痛になったり、
サラリーマン時代には給料袋をタクシーに忘れたりといった
おっちょこちょいな面もある。

余談だが祖母が長生きで三鷹市から表彰され、
妹が小泉今日子似でスターものまね歌合戦に出場した事がある。

■MAKINONARUTO
http://www.makinonaruto.com/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

サイバー佐藤 [作中の登場人物]

satoh.png
本名:佐藤 英人。11月4日生まれ。
玉吉とちょりそのぶとは高校時代の3年間、同じクラスで過した友人であり、
同じ美術学校に通った仲。今は麻雀仲間。週刊アスキーのアートディレクター。
'01年に編集者、通称サイバ子ちゃんと職場結婚をしたが、現在は離婚した模様。
趣味はガンダムのプラモデル作成、麻雀など。
高校時代はグラデのレイバンにベルモトムのゲタ履きでディスコに通った。
作中では両耳のみみかきがトレードマークで、玉吉とは不仲の設定になっている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

竹熊健太郎 [作中の登場人物]

takekuma.png
1960年東京生まれ。玉吉とは美術系予備校の新宿美術学院からの友人。
編集者兼漫画原作者、時には書評も。本人は編集家と自称。
著書に相原コージ共著「サルでも描けるマンガ教室」、
編著に「庵野秀明パラノエヴァンゲリオン」など。
新旧を問わない映像やコミックのマニア。牛乳が苦手。離婚歴あり。

■電脳マヴォ
http://mavo.takekuma.jp/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

M上君 [作中の登場人物]

mkami.png
推定1970年生まれ。月刊アフタヌーンの編集者。
伊豆出身。身長180cm。妻子持ち。
なげやりでは箱に入った顔のみで描かれる。

アニメソングと秋葉原に出歩くのが好き。温和な見た目に似合わず、
ランエボを自損させた程の走り屋でドリフトを綺麗に決める。
玉吉担当の宿命か、ネタ作りの為に東奔西走したが、なげやり休載に伴い、玉吉の作品から消える。
その後、なげやりビーム版コミック内にて回顧録を執筆する。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ヒロポン [作中の登場人物]

hiropon.png
本名:広瀬 栄一。1967年生まれ。
月刊コミックビームの元編集者であり、O村の部下兼(有)玉屋の影の構成員だった。
身長175cm、天秤座のO型、足のサイズ29cm。

玉吉とは「しあわせのかたち」編集担当(148話で初登場)からの付き合い。
病弱らしく肺炎や心の病に罹る事、多々。漫玉ではO村よりも玉吉と行動を供にする事が多い。
茶髪のロンゲで鼻提灯がトレードマーク。作中では妙な言葉尻を付ける。
本人の要望で「しあわせのかたち」201話から壊れたキャラ設定になる。

チンピラにからまれたのを機に2002年春、キックボクシングジムに通う。
編集部から管理部に異動後、2007年にエンターブレインを退社。
2008年末には須藤真澄、ヒロポンによるサークル「たまぽんぬ」が
コミックマーケット75で同人誌を販売した。

2011年8月7日(日)晴れて結婚。
http://www.kanshin.com/diary/5803595
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

O村 [作中の登場人物]

omura.png
本名:奥村 勝彦。玉吉と同じ1961年生まれ。身長180cm。O型。慶応義塾大学卒。
月刊コミックビームの編集総長兼(有)玉屋の影の構成員。

玉吉との出会いは秋田書店勤務時、
グランドチャンピオン連載の『ブロイラーおやじFX』の編集担当になったのがきっかけ。
作品自体の完成度はイマイチとは玉吉の評。
『しあわせのかたち』では168話でA書店の凸村さんとして初登場。
アスキー出版局の強化要員として引き抜かれ、暫くして、『幽玄漫玉日記』の担当となる。
立場上、コミックビームの売上を気に掛けながらも玉吉と行動を供にし、
時としてケンカをも辞さない。既婚で一男一女の父。
ヘルニア持ちで女好き。嫌いなものは男と釣り。

玉吉とは秋田書店時代から20年もの付き合いがあり、
近年では編集者の立場を超え、互いに旧友の様な雰囲気が作中に垣間見れる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ぺそみちゃん [作中の登場人物]

pesomi.png
推定1977年生まれ。玉吉の近所に住んでいた無職少女。
漫玉では「ぱ」そみちゃん。なげやりでは「ぺ」そみちゃん。
引越し屋の電話受付や、玉吉の同人誌作成の助手などもしているが、基本的に無職。

漫玉、なげやりには欠かせない存在であり、人気者。色白で茶髪のショートカットで猫背。
アパートに一人暮らしをしているが、どのようにして収入を得ているかは不明。
1ヶ月2,000円あれば生活できると豪語する。玉吉からは頻繁に食事を奢ってもらっている。
玉吉は彼女に惚れているが、当人の気持ちは不明。
コミックビームを定期購読している。
子供は嫌いだが、同性とは気が合うらしい。

介護の仕事にやりがいを感じつつ、
2003年1月から10月まで玉吉との同居を経て、離別。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
作中の登場人物 ブログトップ